工夫した運動あそびで子どもの体・心・脳を効果的に育てます。

私たちが提供している運動あそび「柳澤運動プログラム」は、

動物の動きを基本として、そこに色・文字・数・順番・リズム・

距離・協調性・2つを同時に行なうなどの

認知的なアレンジを加え、体だけでなく脳も育てていきます。

 

また、子どもの年齢や発達段階に合ったものを

子どもの興味に合わせながら楽しく導入し、

スモールステップで行なっていくことで成功体験を増やし、

無理なく楽しみながら総合的な能力アップを

目指すことができます。

 

一斉指導の中でも、個々に合った難易度調整や補助をしたり、

声掛けを変えてあげることで、それぞれのペースで

確実に成長していくことにつながります。

生涯の心身の健康に欠かせない運動を、子どものうちに

好きになり習慣付けられるように導いていきましょう。

 

 

今日は、私たちが提供している運動あそびの中から

「ウシガエルの線路上進み」をご紹介します。

 

ビニールテープなどで幅が20センチほどになるように

線路を作ります。

子どもは足を開いてしゃがみ、両手をパーにして線路の

中につきます。

足はジャンプしたら線路の外側につきます。

この時、足の着地位置が手の横か手よりも前になるように

意識して行いましょう。

 

気をつけるポイントは、

手を指先だけでなく手のひらまでしっかりつくこと、

顎を開いて前を見ること、

手と足が同時にジャンプしないように

手→足→手→足の順番に進むこと、

足を手の横か前につけるようにすること

これらのことを意識することで、

腕の支持力、身体コントロール力、協応力、バランス力、

リズム力などをしっかりと育てていきます。

 

最初は見本を見せながら手足をつく位置を伝え、

動きにくい子には隣で一緒に行いながら

少しずつ上達を目指してみてください。

 

このウシガエルの動きが上達すると、

跳び箱の開脚跳びの習得につながってきます。

遊び方を工夫しながら繰り返し取り入れ、

子ども達の達成感や自信につながるように

運動あそびを提供していきましょう。