自分で考えて動ける大人になるために幼少期からの関わりが大事です。

子どもに毎日毎日「〇〇しなさい」「△△はやったの?」などと

口うるさく言っているのに全然直らない。

自分で考えて動けるようになってほしい。という方も

多いのではないでしょうか。

 

子どもが言われたことだけやる大人になるのではなく

自分で考えて動ける大人になるように、

子どものうちからの声掛けや関わり方がとても重要です。

 

そのためにはやはりガミガミ言うよりも、

できたところ、良かったところを見つけて褒め、

認めることで自己肯定感を高めてあげることが大切です。

大人の思い通りに動かそうとせず、子どもが自ら

そうしたくなるような導きをしていきたいものですね。

 

私たちは子ども達に運動指導を行なっていますが、

その中でもこうしたことを大事に子ども達と関わっています。

そして子どもの持っている力を引き出し

最大限に伸ばしていけたらと思います。

 

今日は、私たちが提供している運動あそび「柳澤運動プログラム」

の中から「片足クマの通院」をご紹介します。

 

片足クマは、四つんばいから膝とお尻を上げたクマの姿勢から

片方の足だけ後ろに上げた姿勢です。

この片足クマで歩くことが上達してきたら、

でこぼこした足場の悪い道を歩くことに

挑戦してみてください。

 

足場の悪い道は、マットの下に丸めたマットやゴザ、

積み木などを入れて凸凹になるように作ります。
このマットの道を片足クマ歩きで歩いていきますが、

転ばないように、手や足をつく位置を毎回考えながら
体を操作するので身体コントロール力が養われ、
バランス力もとても向上します。


上げる足を変えたり、コースを変えたりしながら
いろいろなバリエーションを作って遊んでみてください。

子ども達と一緒にコース作りをしたりするのも

おすすめです。