遊びながら動ける体作りをしていきましょう。

2歳頃になると、ほとんどの子が鉄棒にぶら下がることが

できるようになります。

まずは楽しくぶら下がり遊びを行ない、

少しずつ足を上げる動作をぜひ行なってみてください。

両足の裏を打ち合わせる「足打ち」や両足を

前に持ち上げてみるような遊びがおすすめです。

 

ぶら下がった状態で足が持ち上げられる子は、

腹筋がしっかり育っている状態です。

腹筋が育っていない子は、足を持ち上げることができません。

年少児でも足が上げられない子がいるので、

ぶら下がり遊びも小さい頃から楽しく取り入れていって

あげることが大切です。

 

今日は私たちが提供している運動あそび「柳澤運動プログラム」

の中から「ぶらさがりジャンプ」をご紹介します。

 

まず鉄棒の前後に1つずつフープを設置します。

フープは直径30cmほどの小さめの物が良いです。

市販のホースを短く切って作ると簡単で、

踏んでも痛くないのでおすすめです。

 

子どもは手前のフープの中に入って鉄棒を握り、

体を前後に振ったら前のフープの中に着地します。

着地ではふらふらしないように、

それぞれ好きなポーズをとってみましょう。

 

たくさん体を振れると良いので、回数を数えて

遊んだり友達と競争してみるのもおすすめです。

ぜひ長い時間ぶら下がっていることができるように

子どもが夢中になれるような

楽しい工夫をしながら遊んでみてください。