「楽しい」活動が子ども達が効果的にスキルアップできるポイントです。

子ども達に身に付けて欲しい力、育てていきたい力は

たくさんありますが、確実に力にしていくためには

「繰り返し行なうこと」がとても重要になると思います。

そして、子ども達が継続して繰り返していくために

一番のポイントになるのは「楽しさ」です。

 

子どもは楽しくなければ繰り返し行なうのが難しく、

仮に大人に言われて取り組んだとしても、

自主的ではないやらされているだけの活動による効果は

とても低いものになってしまいます。

さらに、子どもがその活動を嫌いになってしまうことも

あります。

 

私たちは、主に幼児期の子ども達に運動あそびを提供し

運動指導を行なっていますが、

いつも子ども達がわくわくしながら自主的に取り組める

活動を心がけています。

 

私たちが提供している運動あそび「柳澤運動プログラム」の

中から「ジグザグ片足クマ」をご紹介します。

 

まずはジグザグコースを作ります。

コースは縄やビニールテープで作ったり、

三角コーンを置いて作っても良いです。

 

子どもは、四つんばいから膝とお尻を上げたクマ歩きの

姿勢から片方の足を後ろに上げた、片足クマ歩きで

ジグザグコースの中をはみ出さないように歩いて行きます。

片足クマ歩きは、

腕の支持力や腹筋背筋といった体幹の筋力など

 

全身をバランスよく育てることができる動きです。

手の指を開いてしっかり支えること、

顔は下を向かないように顎を開くこと、

片方の足をしっかり上げること

を意識して行いましょう。

また、手→足→手→足の順番に前に出しながら

できるように声掛けしてあげるとやりやすいです。

 

 

そして、子ども達が楽しく取り組める工夫の1つとして

ストーリー設定をするのもおすすめです。

「今からジグザグの橋を渡って向こう岸まで行くよ。

橋から落ちると崖の下にいるワニさんに食べられちゃうよ!」

などと声掛けをしておくだけで、

子どもはワクワクドキドキしながら楽しむことができます。

 

いろいろなアレンジをしながら、子ども達が継続して

運動あそびに取り組みしっかりと基礎力を身に付けて

いけるように導いていきたいと思います。