遊びは安全な環境で多少のリスクを経験できることも大切です

子ども達の生活は「遊び」が中心で、この遊びの中から

多くのことを学び、身に付けていきます。

しかし子ども達の遊びを見ていると、危ないことも

平気でしたりするので、ついやめさせたくなることが

あると思います。

だからといって禁止事項ばかりでは楽しくありません。

 

もちろん大怪我や大事故は防がなくてはいけませんが、

安全な環境を確保した上での多少のリスクは

遊びの楽しさであり、新しいことや難しいことへの挑戦、

危険察知能力を高めるためにも必要なものといえます。

 

私たちは子ども達に運動あそびを提供していますが、

危険予測をして安全を確保した上で子ども達が思い切り

体を動かして遊べるように工夫をしています。

そして、その中で子ども達が今後の成長のために

身に付けておくべき力をしっかりと身に付けていけるように

それぞれの発達段階や年齢ごとに合わせた指導を行なっています。

 

今日は私たちが提供している運動あそび「柳澤運動プログラム」の

中から「後ろ向きスキップ」をご紹介します。

 

後ろ向きでスキップをします。

体は後ろ向きですが、目線は進行方向を見て行なってください。

また、通常のスキップが曖昧な子は混乱して難しいので、

その場合は前向きのスキップを確実にしてから行いましょう。

指導者や上手な子が隣で一緒にやってあげると

リズムがつかみやすくなります。

 

通常のスキップでは、足を上げるために太ももの筋肉が

主に使われますが、後ろ向きになると太ももの裏側の筋肉が

強く刺激されます。

歩く時や走る時の推進力を生み出す筋肉なので、

走るのが苦手だったり転びやすい子にもおすすめの遊びです。

 

後ろ向きに進む動きは、なかなか普段の生活ではないので、

運動あそびで行なうことで後方への感覚、身体周辺感覚を

高めながら、いろいろな身体の動かし方を経験できるように

工夫して提供してみてください。