十分な場所がなくても工夫次第で子どもの運動量を確保することは可能です

幼児期の子ども達の育ちには、運動あそびで全身を多様に

動かしながら友達と遊ぶ経験がとても重要です。

 

もし園庭が狭くても、工夫次第で思い切り体を動かすことは

十分に可能です。

屋内でも少し工夫するだけで運動量は確保でき、

生活の中にうまく組み込んでいくことで

継続的に運動をすることもできます。

 

また、屋内での運動あそびは家庭で簡単にできるものもあり、

親子のスキンシップにもつながるので、

運動あそびを毎日の生活に習慣付けていけるように

園や家庭が連携しながら子ども達を良い方向に

導いていくことが大切です。

 

私たちが提供している運動あそび「柳澤運動プログラム」は

屋内でも行なえる遊びがほとんどで、

子ども達の育てたい力に合わせたアレンジ遊びも豊富です。

今日はその中から「跳び箱からジャンプ」をご紹介します。

 

跳び箱の上からジャンプをする遊びです。

子ども達は基本的に高さのあるところからジャンプをする遊びは

とても好きですが、今の子ども達は小さい頃からの経験が

少ないことや、大人が危ないからと止めてしまうことで

高いところから跳び下りることに慣れていません。

 

まずは跳び箱1段の高さから始めます。

1段の跳び箱の上に乗ったら、子どもの前にタンバリンを

かざします。

子どもは、ジャンプしたらタンバリンを片手でタッチしてから

着地するようにします。

着地はフラフラせずピタッと止まれるようにしてください。

 

慣れてきたら跳び箱を2段にしたり、

タンバリンをかざす位置を高くしたり遠くに離したりして

レベルアップを目指して遊びます。

また、着地位置を少し跳び箱から離した位置にしたり、

着地ポイントを色のテープで指定したりしても良いです。

 

運動あそびを通して、自分の体を自分でコントロールして

動かすことができる力を身に付け、

運動の上達、そして自信につなげていきましょう。