生活習慣を整えることが子ども達の成長、能力向上につながります。

運動が体に良いということは周知の事実で、運動不足は私達の体に

様々な悪影響を及ぼします。

さらに、そこに睡眠不足や食生活の乱れなども重なれば

身体的、精神的にとても病みやすい状態になってしまいます。

これは大人でも子どもでも同じです。

 

今は子ども達でも運動不足、睡眠不足、不規則な食生活など

生活習慣が崩れているケースがとても増えています。

子どもでも生活習慣病予備軍になっていたり、

老人と同じようなロコモティブシンドローム(運動器症候群)の

症状が見られたりしています。

 

子ども達が自分の持っている力を最大限に発揮し、

将来につながる力を身に付けながら健全に成長していくために

健康な心身を保つことはとても重要です。

 

私達は子ども達の体・心・脳の発達を促す運動あそびの

提供を行ない、幼児期のしっかりとした土台作りをサポートしています。

今日は私達が提供している運動あそび「柳澤運動プログラム」の

中から「合図で前転」をご紹介します。

 

マットを横一列に並べて、子ども達はマットの端に沿って

一列に並びます。

そして両手を肩幅でマットの端につき、お尻を上げて前転の

準備姿勢をとり、合図があるまで待ちます。

「3,2,1」や「せーの!」などの合図で全員が一斉に

前転をします。

しっかりと両足で着地して立ち上がるところまで行います。

立ち上がった後に静止してポーズをとれると良いですね。

 

前転の準備姿勢のまま合図があるまで我慢して待つことで、

普段あまり使わない緊張筋を刺激することができたり、

周囲の友達を意識してタイミングを合わせることや

合図をしっかり聞くための集中力なども養うことができます。

 

慣れてきたら合図を違う方法にして、さらに聞く力や

判断力などを刺激してみるのもおすすめです。

ひっかけを入れてみたり、「赤い物の名前を言ったら」

「男の子だけ」などいろいろなやり方があります。

 

子ども達の年齢や段階によって遊び方を調整しながら、

楽しく遊んでみてください。