少しの工夫で子どもが自らスキルアップしていくことができます。

勉強でも運動でも、子どもが継続して自主的に取り組み

力をつけていくためには、それが「楽しい」とか「好き」だと

感じられることが大事なポイントです。

そうすれば大人が言わなくても自ら取り組むので、

どんどん上達していくことができます。

 

運動あそびで子ども達が楽しみながらたくさん動くために

まず大事なことは、先生がたくさん動くことです。

先生がたくさん動くと、特別なテクニックがなくても

子ども達は喜んで先生の後を追いかけてきて、

列を作ってでもやりたがってくれます。

ただ走るだけでも、先生が思いっきり走っていると

子ども達は先生を追いかけて全力で走ってくるので、

速く走る練習にもなります。

 

そして、もっと楽しく走れるようにするために

少しアレンジをしてみてください。

例えば、紐の先に何か軽い物をくっつけて

それを子どものズボンの後ろに挟んでしっぽのように

ぶら下げておきます。

そしたら、そのしっぽの先が地面につかないように

走ってみます。

1周できたらたくさん褒めてあげてください。

そしたら次は2周、3周と増やしてみたり、

リレー形式にしても楽しめます。

 

難しく考えず、子ども達の「走ることが楽しい」

「全力で走ってやるぞ」という気持ちを養うことを

大事にしながら、遊びを提供してみてください。