遊びながら体を動かす運動あそびが幼児期の子ども達の発達には欠かせません。

今の子ども達は小さな頃から水泳やサッカーなどの

スポーツ系の習い事をしている子が多く、

一見十分に体を動かせているように見えます。

しかし、幼児期の子ども達には特定のスポーツをすることよりも

遊びながら体を動かす「運動あそび」によって

多種多様な動きを経験することの方がより重要になります。

 

さらに運動あそびをすることは、体力や運動能力を

高めるだけでなく子ども達の脳や心の発達も

効果的に促してくれます。

 

また、子ども達の育てたい力に合わせて遊びを

アレンジすることができるのも運動あそびの魅力です。

楽しい運動あそびで子ども達の能力を

引き出し伸ばしていきましょう。

 

今日は私達が提供している運動あそび「柳澤運動プログラム」の

中から「つま先ダッシュ」をご紹介します。

 

かかとを上げた状態で走ったり止まったりして遊びます。

足音を立てず静かに行なうことがポイントなので、

どんなことに気をつければ音を立てずに走れるか、

子ども達から意見を出してもらうのもおすすめです。

こうした話し合いの時間を取ることが

子ども達のコミュニケーション能力を高めたり、

人前で意見を言ったり人の意見を聞く練習にもなります。

 

最初からいきなり走らず、まずは静かに歩くことから

始めてみてください。

動機付けとして「忍者」になりきってみるのもおすすめです。

 

つま先だけで歩いたり走ったりすることは、

足の親指に大きく負荷をかけて刺激することになります。

足の土踏まずの形成のためにも足指への負荷は大切です。

 

慣れてきたら、難易度を上げるために障害物を避けたり

何かをくぐったりする動きを取り入れてみたり、

数人ずつのグループに分けて行ない、

どのグループが一番静かにできたか競争してみるのもおすすめです。

ぜひたくさん遊びこんでみてください。