運動の効果を高めるには楽しいと感じられることがポイントです。

「運動」は、体力や筋力をつけたり肥満の予防だけでなく、

ストレスの軽減や社会性の向上、コミュニケーションスキルの向上、

さらに学習面にも効果が反映されることがわかっています。

 

ただ大事なポイントは、

大人にとっての運動と子どもにとっての運動では

その内容は違うということです。

大人は運動不足の解消やダイエットなどの目的で

ジョギングをしたり、スポーツジムに通って

筋トレをしたりしますよね。

それでもよっぽど意志が固いか、別の動機付けがなければ

継続していくのは難しいことが多いと思います。

 

子どもであれば尚更で、楽しくないやりたくないような

運動では継続できません。

子どもにとっての運動は、いつも「遊び」であることが

ポイントです。

 

私達が提供する運動あそびは、子どもが楽しく自主的に

取り組めるように、興味をひくストーリー設定や

わくわくできる展開を交えながら提供しています。

 

その中で、ルールを変えたり、違う遊び方と組み合わせたり、

子ども達の育てたい力に合わせてアレンジし、

より効果的に子ども達のスキルアップにつなげていきます。

 

今日はその運動あそびの中から「合図でダッシュ」をご紹介します。

 

子ども達は3~5人くらいずつ、スタートラインに並び

かけっこのスタート姿勢になります。

指導者の合図があったらゴールに向かって走り、

ゴールラインの上でピタッと止まります。

屋内で行なう場合は、壁に衝突しないようにゴールラインを

壁から5メートルほど手前にし、

できるだけゴールラインで止まれるように促してください。

 

慣れてきたらスタート姿勢を体育座りやうつ伏せで

寝転んだ状態から始めてみるのもおすすめです。

そうすると、さらに合図をしっかり聞こうと集中力が育ち、

素早く体を起こす瞬発力や機敏性、柔軟性も高めることができます。

 

いろいろなアレンジ遊びで、子ども達がより多くの力を

遊びながら身に付けていくことができるように

促してあげてください。