子ども達が成功体験を多く積みながら運動できる環境が大切です

跳び箱や縄跳び、鉄棒は子ども達が必ずやることになるであろう

運動です。

 

子ども達に提供する時、多くの場合、跳び箱なら跳び箱を

最初から跳ばせて練習させてしまうと思いますが、

必要な力がついていない状態でやらせてしまうと

どうしても失敗経験を積み重ねてしまうことになり、

運動が苦手な子にとってはとてもつらい経験になってしまいます。

 

そうではなく、1つ1つ必要な力を育てていくと

気付いた時には自然に跳べるようになっているので、

子ども達には段階を踏んだ運動あそびの提供が大切です。

 

今日は、私達が提供している運動あそび「柳澤運動プログラム」

の中から「色別ウシガエル」をご紹介します。

 

床に2本の線を引きます。

その線の中には赤いテープで印をつけ、線の外側には

青いテープで印をつけます。

 

手は赤につく、足は青につくというルールを最初に

しっかりと伝えておき、手→足→手→足の順番につきながら

前に進んでいくようにします。

色を見て手をつく位置を覚える記憶力と、

次の色を探して判断するという動作を素早く行なうことで、

考えながら動く力が養われます。

 

より強く力の発達を促すために、赤と青をランダムにしたり、

印の間隔を広くしたり狭くしたりランダムにする、

直線コースばかりではなくジグザグコースにしたり、

楽しいアレンジになるように工夫してみてください。

 

大事なことは、スピードを競うことではなく

見て判断する力や体を器用に動かす力を養うことです。

子ども達はついスピードを競いたくなると思いますが、

そうではない楽しさも感じてもらえるように遊びを

提供していくことが大切です。

 

そのためにも、大人が一緒に楽しんで遊びに参加したり、

子ども達と一緒に遊びを作り上げていくことで

楽しい運動あそびの時間にしていきましょう。