子どもにとって「動ける体」は大きな自信になります。

子どもにとって、人より早く「逆上がりができた」

「自転車に乗れるようになった」ということは

とても大きな自信、ステータスになります。

 

なので、その目標のために何度も何度も繰り返し

練習をしようとします。

もちろんこれでできるようになる子もいます。

ただ、この場合はすでに逆上がりに必要な力が十分に

身についていて、体を操作する能力も備わっているということです。

 

必要な力が身についていないのにひたすら繰り返すのでは

当然失敗経験ばかりを積み重ねることになります。

どんなにがんばってもできるようにならないのでは

次第に自信をなくし、挑戦することすら嫌になってしまいます。

 

そうならないためにも、小さい頃にたくさん体を動かして

「動ける体」をつくっておくことがとても大切になります。

私達が提供している運動あそびプログラム

「柳澤運動プログラム」では、すべての子どもが運動を

好きになれることを一番大事にしています。

 

今日はその運動あそびの中から「カウボーイごっこ」を

ご紹介します。

 

タオルや手ぬぐいを細長くして片手で持ち、

肩から大きく回します。

回す方向は、前回しの時と同じ方向に回します。

肩から大きく回すことができたら、次は肘から先で

小さく回してみます。

右手だけでなく左手でも同じようにやってみてください。

両手ともスムーズにできたら、頭の上でも回してみましょう。

 

これは、短縄跳びを行なうのに必要な力の習得につながります。

短縄跳びは、縄を回すこととジャンプすることを

同時にタイミングよく行なわなければいけません。

そして、短縄跳びを苦手としている子の多くは 

縄をうまく回せていないことが多いので、

前段階としてこうした遊びで練習していきます。

 

スムーズに回せるようになったら、このタオルを回しながら

ジャンプしてタイミングを合わせるようにしていくと、

縄にひっかかることがなく短縄跳びの練習をすることができます。

 

ぜひ、子ども達の段階に合わせて最適な遊びを提供して

みてください。