乳幼児期の運動あそびで運動のベースとなる力を効果的に育てていきましょう

子どもの運動神経を良くしたい、伸ばしたい、という声を

よく耳にしますが、そのために最適な時期は

脳の神経系の発達が最も盛んな乳幼児期です。

 

就学前までに、生活や遊びの中で今後のベースとなる

運動の神経回路をたくさん作ってあげることが大事なので、

できるだけ多種多様な動きを経験できるような

大人の導きが大切になります。

 

赤ちゃんなら思う存分ハイハイや伝い歩きができるように

したり、歩けるようになったら裸足でいろいろなところを

歩いてみる、腕で押したりぶらさがったり、何かをくぐったり、

ちょっとした段差を跳び下りたり、

全身を使った多様な動きができるようにしてあげましょう。

 

 

私達が提供している運動あそびプログラムは、

0歳1歳から取り組める楽しい運動あそびが揃っています。

今日はその運動あそびの中から「トンネルわにさん」を

ご紹介します。

 

子ども達は2人ペアになりじゃんけんをします。

じゃんけんに勝った人はその場で立ったまま足を

開いてトンネルを作ります。

負けた人はそのトンネルの間を、うつ伏せで進むわにさんに

なってくぐります。

 

トンネルに当たらないように、うつ伏せで胸までしっかりと

床につけた低い姿勢のわにさんになることがポイントです。

慣れてきたら、トンネルもいろいろなポーズで作ってみてください。

 

わにさん歩きは、手を交互に前に出して体を引き寄せ、

足を開いて親指で地面を蹴りながら進む動きです。

それによって、鉄棒で必要な腕の引き付ける力が育ち、

足を股関節から開くことや足の指先の力も育ちます。

 

判断力や瞬発力なども養われ、ペアでの遊びによって

社会性の部分も育てることができます。

ぜひ少しずつ発展させていきながらたくさん遊んでみてください。