子どもの発達段階に合わせた指導で運動の楽しさを知ってもらうことが大事です

保育園や幼稚園、小学校の教員では、子ども達が楽しく遊びながら

体を動かすような指導が苦手だったり、

子どもの発達段階に応じた指導が得意ではないといったことが

まだまだ多くあります。

 

また、地域のスポーツ少年団でも同様の問題があり、

指導でも最初から技術的なことばかり教えたり

勝ちにこだわった指導が中心になっていることが多く、

子ども達の中には運動やスポーツの楽しさを感じることなく

運動嫌いになってしまうケースも少なくありません。

 

子どもの運動不足は、基礎的な体力や運動能力の低下、

意欲や気力、集中力の低下、生活習慣の乱れなどから

精神面への悪影響も及ぼします。

このような状態では当然学力への影響も出てきます。

 

子ども達が生きていくための基礎や土台となる力を

しっかりと育んでいくことが最も重要なことです。

 

 

私達は、すべての子ども達が運動を好きになれるように

願い運動あそびの指導を行なっています。

今日はその運動あそび「柳澤運動プログラム」の中から

「スキップの途中で大ジャンプ」をご紹介します。

 

スキップをしている途中で合図があったら

その場で大ジャンプをします。

スキップの途中で大ジャンプをするためには、

腕の振りと足の蹴り上げの力がポイントになります。

 

見本→実践を繰り返しながら明確なイメージを持って行なうと

上達につながります。

また、着地でフラフラしないことも大事です。

 

大ジャンプの時は指導者と息を合わせてできるように

促してください。

相手とタイミングを合わせることで、相手を意識する力も

養われます。

 

もしスキップが苦手な子がいたら、片足ケンケンでも良いです。

子どもの段階に合わせて、ジャンプ遊びを楽しみながら

1つ1つステップアップを目指して遊んでみてください。