子ども達の基礎的な力を養う運動あそびが必要になっています

昔と比べて今の子ども達は体力や運動能力が低下していますが、

今の子ども達は小さな頃から車などで移動することが

ほとんどで歩く機会が少なく、成長してからも子ども同士で

外遊びをするような機会があまりないのですから、

無理もありません。

 

本来子どもは、特別な運動やトレーニングをしなくても

遊びの中で基本的な運動能力を獲得していきます。

その遊びの機会が減少している子ども達が

自然に体力や運動能力を身に付けていくのは

難しいので、大人の働きかけで体を動かす機会を

増やしていくことが大切になります。

 

だからといって特別なことをする必要はありません。

一緒に体を動かして楽しく遊ぶ時間を増やせるように

心がけてみてください。

 

私達は、子ども達に運動あそびを提供しています。

それぞれの体力や運動能力、発達段階には差があり、

得意不得意もあるので、個々に合った調整や補助、

声掛けが大切です。

また、最も大事なことは子ども達が楽しめているかです。

楽しく取り組めている時身に付く力は大きくなるので、

トレーニングのようにならず楽しめる工夫がポイントです。

 

今日は私達が提供している運動あそび「柳澤運動プログラム」

から「なぞなぞ横跳び」をご紹介します。

 

赤と緑など2色の縄を床に並行に並べ、子ども達は

その縄の間に入ります。

そして、指導者に指示された色の縄を足を揃えた

横ジャンプで跳び越します。

 

色の指示は

「赤い縄」「ほうれん草の色」「赤じゃない方」

「白(無い色)」「窓側」など

いろいろな言葉と言い回しでやってみてください。

イメージ力、語彙力、判断力、思考力、空間認知力、

抑制力など多くの力を育てることができます。

 

また、跳ぶ時はバラバラに跳ぶのではなく

指導者の「せーの」の掛け声に合わせて跳びましょう。

そうすることで、友達の動きを見て真似をしている子も

自分で判断して動くことができます。

 

ジャンプ遊びは、足だけでなく腹筋背筋といった

体幹の筋力もしっかりと育ててくれます。

慣れてきたら連続で行なってみたり、片足ケンケンで

やってみるなど、少しずつステップアップを目指して

遊んでみてください。