子どもが一人歩きができるようになったら腕の力を育てる遊びがおすすめです。

産まれたばかりの赤ちゃんは寝たきりで

自力で移動することはできませんが、寝返り、ずりばい、

ハイハイと次第に自分で動けるようになり

1歳~1歳半頃になると自分で立って歩けるようになります。

 

子どもが二足歩行を始めると、気をつけたいのは

腕の力をあまり使わなくなるということです。

それをそのままにしておくと腕の力が育たなくなるので、

転んだ時に自分の体重を支えきれずにつぶれてしまい、

顔などに怪我をしやすくなります。

 

なので、子どもが歩き始めたら手を地面についたり

腕で何かを押すような遊びを積極的に取り入れていく

ことが大切になります。

そして怪我をしない動ける体を、幼児期のうちに

しっかりと作っておきましょう。

 

今日は、こどもプラスが提供している運動あそび、

「柳澤運動プログラム」の中から「障害物片足クマ」を

ご紹介します。

 

フープや縄などの障害物を複数設置しコースを作ります。

このコースを片足クマの動きで渡っていきますが、

障害物に当たらないように気をつけて進むようにします。

片足クマは、四つんばいから膝とお尻を上げたクマから

片方の足を後ろに上げて進む動きです。

 

大事なのは速く進むことではなく障害物に当たらないように

正確に進むことです。

そうすることで手足をつく位置を毎回考えて動くことになり

空間認知力やバランス力、身体コントロール力などが

強く養われていきます。

 

そして片足クマは腕の支持力だけでなく、腹筋背筋や首、

足の筋肉など全身の筋力を育てることができる動きです。

ぜひいろいろな遊び方で繰り返し取り入れていってください。