自信や自己肯定感を育むことが子どもを伸ばすカギになります。

勉強や運動に限らず、子ども達が自分の得意を伸ばしていく

ためには「自信」や「自己肯定感」が必要で、

とても重要なポイントになります。

子ども達は身近な大人に褒められることで自信を持ち、

自己肯定感を高めながら成長していくことができるので、

まずはたくさん褒めてあげてください。

 

また、褒める時には何かができた時や良い結果だけを

褒めるのではなく、そこまでの過程や行動などを

できるだけ具体的に褒めてあげることが大事です。

大人の声掛け1つで子ども達の成長の仕方には

大きな差が出てくるといっても過言ではないので、

子どもの持っている力を最大限に引き出し

伸ばしていくことができるようにポイントをおさえた

関わりをしていきましょう。

 

私達は子ども達に運動あそびによる運動指導を行なって

いますが、子どもが興味を持ち自主的に取り組める工夫と

飽きずに繰り返し取り組める楽しいアレンジ、

子どもがあと少しがんばったら達成できる設定で

達成感や成功体験を多く感じられる内容、

1人1人に合った声掛けや補助など

細かな部分にまで配慮をしながら指導を行っています。

 

今日は私達が提供している運動あそび「柳澤運動プログラム」の

中から「シルエットグーパー」をご紹介します。

 

まずは事前にシルエットカードを作っておきます。

動物の形や足跡、果物、乗り物など身近なものや、

少し難易度を上げて人が何かをしている時の

シルエットなどもおすすめです。

 

このカードを子どもに見せ、答えが〇だと思ったら

手足を広げて伸ばす「パー」の姿勢。

答えが×だと思ったら両手を曲げて胸の前につけ、

足を閉じた「グー」の姿勢をします。

時々、答えを「〇!」と口に出してしまう子がいますが、

グーパーの姿勢で表現するように約束しておきましょう。

 

ただの〇×ゲームをシルエットにすることで

楽しさは倍増し、集中力、思考力、判断力、抑制力などを

より強く育てていくことができます。

また、人の動作のシルエットではその人の動作や気持ちを

考えることで脳のミラーニューロン系が刺激され、

相手の気持ちを推察する力も養われます。

 

子ども達の興味に合わせた内容や難易度で遊び、

子ども達の意見や提案も取り入れながら遊びを

発展させていくことで、より遊びに積極的に夢中になって

取り組めるように進めていきましょう。