子どもの学力や生活力の基礎になるワーキングメモリを運動あそびで鍛えましょう。

子ども達の学校の成績やコミュニケーションスキルなどを左右する

能力の1つに「ワーキングメモリ」があります。

ワーキングメモリは脳のメモ帳とも呼ばれ、日常生活のあらゆる

活動の基礎になっている能力です。

人と会話をしたり、読み書きや計算をする時、思考や集中のためにも

必要な能力で、子どものワーキングメモリを発達させることは

社会生活をスムーズに送る上でとても重要なポイントになります。

 

人とたくさんコミュニケーションをとること、適度な運動や

効果的なあそびなどでワーキングメモリは鍛えていくことができます。

脳は筋肉と同じように使えば使うほど鍛えられるので、

日常的に意識することで機能を高めていきましょう。

 

私達の提供している運動あそびも、ワーキングメモリを鍛えるために

効果的なものがたくさんあります。

今日はその中から「積み木拾い」をご紹介します。

 

床にたくさんの積み木をばらまいておき、子どもは指導者に

指示された積み木を拾ってくる遊びです。

まず最初は、数だけを指定して行なってみてください。

それができたら、色や形を加えた指示で挑戦してみてください。

 

注意する点は、ただ「積み木を3つ拾ってきてください」と

言うだけだとお勉強のようになってしまい、中には抵抗感を

持ってしまう子も出てきます。

「畑で野菜を収穫しましょう!」など、ストーリー性を持たせて

行なったり、ゲーム性を持たせてみるなど工夫するのがポイントです。

 

年少児では3つ~4つの数に認識ができていれば

十分なので、そこから始めて、少しずつ色の認識や形の認識という

ように発展させていきましょう。

また、指導者と子ども達とのやりとりの中でコミュニケーション力や

語彙力、記憶力、集中力なども刺激しながら

楽しく遊んでみてください。