幼児期にしっかりと土台作りをしておくことが学力向上や能力を発揮することにつながります

様々な調査の結果から、規則正しい生活習慣が子どもの体力や

運動能力、学力にも大きく関係していることがわかっています。

 

学校生活では長い時間椅子に座って授業に取り組むのですから、

小学校に入る前に、食事・睡眠・適度な運動といった

基本的な生活習慣を整えて、しっかりとした土台作りを

しておくことが必要なのは言うまでもありません。

 

 

子ども達の持っている能力を最大限に引き出し

伸ばしてあげるためにも、幼児期のうちに正しい生活リズムを

身に付けておけるように促していきましょう。

 

子どもにとっての適度な運動は、体を動かして遊ぶ

運動あそびが最適です。

今日は私達こどもプラスが提供している「柳澤運動プログラム」の

運動あそびから「ジグザグカップタッチクマ」をご紹介します。

 

ジグザグのコースを作り、コースの周りに赤・緑・黄色などの

複数の色のカップを置いておきます。

子どもは、ジグザグコースの中をクマ歩きで進みながら

「赤だけ」などと指定されたカップだけをタッチしていきます。

 

クマ歩きのポイントを意識しながらコースに合わせて歩き、

指定されたカップを記憶しながらタッチしていくという

複数のことを同時に行なう必要があります。

慣れてきたら「赤と緑」や「赤→黄色の順に繰り返し」

「黄色以外」など複雑な指示でもやってみましょう。

 

この遊びで、クマ歩きによる腕の支持力の強化、

ジグザグに歩くことによるバランス力や身体コントロール力の強化、

指示を聞くことで聞く力、語意力の強化、

指示通りにカップタッチすることで判断力、記憶力の強化

などにつなげることができます。

 

子どもはそれぞれに、十分身についている力や補う必要がある力が

違うので、個々の得意や苦手をよく見極めながら

運動あそびの提供、難易度の調整、補助や声掛け、アレンジなどを

考えてより良いものにしていってください。