家庭での親子の時間が子どもが成長していく力の源になります

子どもがいきいきとして生活し、いつも自信ややる気を持って

物事に挑戦していけるためには

「親子のコミュニケーション」がとても大事なカギになります。

 

小さいうちはスキンシップを大切にし、短い時間でも親子で

思いっきり遊んだり1対1で過ごせる時間を作るなどのことが必要です。

普段、家庭で自分の話を聞いてもらっている子は

保育園や学校など外でも人の話をしっかり聞くことができ、

心が安定していて、自信を持てています。

 

保育園や幼稚園・小学校など集団生活の場では、

楽しいだけでなく我慢をしたり、周りに合わせてがんばったり

無理をしがちなので、家庭では安心して過ごせるようにし

子ども達の成長を促していく働きかけが大切です。

 

私達が提供している運動あそび「柳澤運動プログラム」は、

親子でできる遊びもたくさんあります。

今日はその運動あそびの中から「足を渡るクマさん」を

ご紹介します。

 

大人は床に座り、足を伸ばして開脚しておきます。

子どもは、四つんばいから膝とお尻を上げて歩くクマ歩きで

この足をまたいで歩いて行きます。

 

足に当たらないように気をつけて進んでいくことで、

空間認知力や身体コントロール力、相手を意識する力も

養っていくことができます。

慣れてきたら大人は足の幅を狭くしてみたり、

変化させることで難易度を上げてみてください。

 

また、友達同士でやってみるのもおすすめです。

その場合は座っている子は途中で足を動かさないことや、

ふざけて行なわないことを約束してから

安全に楽しく遊べるように配慮してください。