年齢に応じた関わりで、子どもの我慢する力を育てましょう。

赤ちゃんやまだ幼い子どもは、我慢ができません。

2歳、3歳と成長していくに従って、その年齢に応じた

我慢というものができるようになっていきます。

しかし中には、年齢に見合った我慢ができない子もいます。

 

「我慢」には脳の「実行機能」の働きが関係しています。

この実行機能の働きで、行動や感情、思考をコントロールしながら

私達は日々の生活を送っています。

この実行機能は前頭前野と密接に関わっていて、

前頭前野を鍛えることが我慢につながる自己抑制力を

育てることにつながります。

 

私達は子ども達に運動あそびを提供していますが、

幼児期の全身運動は体の成長発達を促すだけでなく

筋肉からの様々な刺激を脳に伝えることができるので、

前頭前野の働きを高めることができます。

さらに、友達との関わりの中では興奮と抑制を

繰り返すことになるので、より前頭前野が鍛えられます。

 

子どもの年齢や発達段階に合わせた遊びの提供と関わりで、

効果的に発達を促していきたいと思います。

 

今日は、その運動あそびプログラムの中から

「並びゲーム」をご紹介します。

指導者の号令で、子ども達は指示された通りの場所に

行って並びます。

 

全員が同じ場所に並ぶのではなく、条件に従って並ぶようにします。

例えば「男の子は〇〇へ、女の子は△△へ並びましょう」

「白い服の人は跳び箱の前、それ以外の人は鉄棒の前に並びましょう」

のように性別や色、教室のグループなどで分けながら

自分がどこに動けばいいのか判断して動けるようにしていきます。

 

慣れてきたら、「赤い帽子の人は眼鏡をかけた先生の前に

お友達と2人で手をつないで2列に並びましょう。」と

少しずつ条件を複雑にしながら、語意力や判断力、聞く力、

気付きの力を養っていきましょう。