運動によって自信や有能感を育むことが子どもの成長につながります

運動をすることは、体の発達や健康のために良いだけではなく、

子ども達の育ちの中でとても重要な意味を持ちます。

例えば、「跳び箱3段が跳べるようになった」とか

「縄跳びの二重跳びができた」などできることが増えることで、

「自分はできる」という自信や、自分を肯定的に受け止める

「運動有能感」が育まれます。

 

運動以外の活動でも自信や有能感を育むことは可能ですが、

幼児期の子ども達には、体を動かすことが最も効果的で

運動によってつけた自信や有能感は、運動に対してはもちろんですが、

その他のあらゆる活動に自信を持って意欲的に挑戦していく

姿勢につながっていきます。

 

ぜひ小さな成功体験をたくさん積み重ねていくことが

できるように、運動あそびを提供してみてください。

 

今日は、私達が提供している運動あそび「柳澤運動プログラム」から

「つま先歩き」をご紹介します。

 

積み木やカプラを床に間を空けながら設置し、コースを作ります。

子ども達は裸足になり、つま先歩きでこのコースを進んでいきますが、

置いてある障害物に当たらないように気をつけます。

 

ゆっくりで良いので、正確に歩くことがポイントです。

やっている子が集中してできるように、

周りの子ども達も静かに見守れるようにしましょう。

 

つま先に体重を乗せてバランスをとるということは、

姿勢を保ったり、速く走ることのためにもとても重要ですが、

今の子ども達は日常生活の中でこの力を使わなくなっています。

運動あそびでしっかりと経験していけるようにすることが

大切です。

 

また、継続して行なうためには子ども達が楽しめるように

アレンジしていくことが大事になるので、

頭上に障害物を作って当たらないように避けながら進むなど、

子ども達と一緒に独自の遊びを作り上げてみてください。