身体を思い通りに動かすためにボディイメージを高める運動あそびがおすすめです。

私たちは普段、

考えごとをしながら出かける用意をしたり、

人と会話をしながら階段を昇り降りしたり、

人ごみの中をぶつからずに通り抜けたり、

同時に複数の動作や思考をしています。

 

このように、自分の思った通りに身体を動かすためには、

「ボディイメージ」が持てていることが重要になります。

いちいち目で見て確認しなくても、無意識に思った通りに体を動かせる。
これは、自分の身体の大きさや、こうするとどんな動きができるのかなど

ボディイメージを把握しているからこそできることなのです。

 

そしてこのボディイメージを育むためには、実際に自分の身体を動かすことが

とても大切なので、高いところに登ったり、狭いところに入ってみたり、

足場の悪いところで遊んでみたりと、様々な体の動かし方を経験するのが良いですね。

子ども達には、「楽しめる遊び」を通してボディイメージを育むことが大切なので、

運動あそびが効果的でおすすめです。

 

今日は、私達が提供している運動あそび「柳澤運動プログラム」の

「アヒルの柵越え」をご紹介します。

 

足を開いてしゃがんだ姿勢で歩く「アヒル歩き」で進みながら、

低い高さの障害物をまたいでいく遊びです。

足を股関節からしっかり開くこと、だんだんお尻が上がってこないように

低い姿勢を維持して歩くこと、かかとを着けずにつま先歩きをすることが

アヒル歩きのポイントです。

 

アヒル歩きでは1歩前に出すたびに、片足で全体重を支えて

バランスをとる力が必要になります。

この状態で障害物に当たらないようにまたぐことで、空間認知力を養い、

バランス力や足の指先の力を強く育てていきます。

 

幼児期の子ども達に必要な力を育てる遊びなので、

ぜひ楽しいアレンジを加えながら繰り返し遊んでみてください。