子どもの興味関心に合わせた働きかけで効果的に能力をアップを目指しましょう。

3歳児になると、興味がはっきりとしてきます。

また、男の子は男の子らしい遊び、女の子は女の子らしい遊びが

好きになってくる年齢でもあるので、子どもの興味に合わせた声掛けや

関わりで子ども達のさらなる成長につなげていきましょう。

 

私達の柳澤運動プログラムは、子どもの年齢や発達段階に合わせた

遊びを提供し、段階を追ってステップアップしていくことで

自信をつけながら力をつけていくことができます。

 

今日はその運動プログラムの運動あそびの中から

「前回り降り」をご紹介します。

 

動きは通常の前回りですが、普通に前回りをすると多くの場合

足が勢いよく落ちる「前回り落ち」になっていると思います。

ただ回るだけでなく、着地まで意識して自分で体をコントロール

できるようにしていきます。

 

まずは鉄棒に両手でつかまって跳び乗り、肘を伸ばします。

そのまま頭を下に下げて体を丸めるようにして、逆さまになったら

一度動きを止めてお布団干しのような状態になります。

そこからゆっくり体を回転させていき、

ゆっくり静かに着地をします。

 

逆さまが怖い子ほど、体が緊張してかたくなり、

勢いよく回転してしまいがちです。

その場合は鉄棒の下に台を置き、子どもがその上に立った時

鉄棒が子どもの骨盤の辺りにくるようにします。

そこから「こんにちは」をするように頭を下げていき、

できたら膝に頭がつくくらいまでやってみます。

ここまでできたらあとは足を浮かせれば良いだけなので

あと少しです。

このやり方だと、足が地面についたままなので恐怖心はありません。

 

一度恐怖心を抱いてしまうとそれを克服するのは

年齢が上がるほど難しくなるので、できるだけ小さいうちから

逆さまになるような遊びを経験させておくことが大切です。

 

特に前回りは逆上がりよりも恐怖心を抱きやすいので、

子どもに合わせて遊びをアレンジ・調整をし、

個々に声掛けや補助も変えながら行なってみてください。