1歳を過ぎると全身運動が上達してくるので運動あそびで成長を促しましょう

子どもは1歳を過ぎてくると、一人歩きを始めたり、

ちょっとした段差から跳び下りられるようになったりと、

いろいろな全身運動ができるようになってきます。

また、大人の真似をしたがる時期にもなるので

それをうまく使ってさらに発達を促していくのがおすすめです。

 

こどもプラスでは、子どもの成長発達を促すために

柳澤運動プログラムによる運動あそびを提供しています。

幼児期から小学校低学年頃までの間の運動経験が、

後の学習に向かう力や、社会生活を営む力につながってくるので

子ども達が運動を習慣付け、継続して行なえるように

子どもの興味を惹きながら楽しく行なうことを大事にしています。

 

その運動あそびの中から「フープジャンプ」をご紹介します。

まず、子どもと向かい合って両手を持ち、ジャンプをして遊びます。

両足を揃えて、「1,2の」で膝を曲げて「3」でジャンプを

するのがポイントです。

このジャンプで、低い高さからの跳び下り、跳び上がりにも

挑戦してみましょう。

 

これができたら、フープジャンプに移行します。

フープを複数用意し、まっすぐに並べて置きます。

このフープの中だけを両足ジャンプで進んでいきます。

子どもの年齢によっては、子どもがやりやすいように

大人が1つ前のフープに入って、両手をつないでジャンプを

すると良いです。

 

ジャンプ遊びでは、両足を揃えてジャンプをすることが

一番のポイントになるので、小さい頃からそれを意識して

できるように導いていきましょう。