運動あそびで子どもの感情コントロール力を育てます。

「キレる子ども」という言葉はかなり前から聞かれますが、

子どもの暴力の増加・低年齢化が問題になっています。

実際に感情のコントロールができにくい子が増えているという話は

保育園や幼稚園の現場からも多くあります。

 

家庭での適切な関わり、食事や運動、睡眠といった生活習慣の見直し、

子ども同士で遊ぶ時間を増やすなどの働きかけで

子どもの感情コントロール力を育てていくことが大切です。

 

私達が提供している「柳澤運動プログラム」では、

効果的な働きかけで感情コントロール力や抑制力、社会性などを

育てていきます。

 

今日は柳澤運動プログラムの運動あそびの中から

「2人で救急車片足クマ」をご紹介します。

 

子ども達は2人ペアになります。

できるだけ体格や運動能力が同じくらいの子でペアを

作れるようにしましょう。

そして手押し車のイメージで、1人が四つんばいから膝とお尻を

上げたクマ姿勢になり、片方の足だけを後ろに上げます。

もう1人はその片足を両手で持ち、前の子が進むペースに合わせて

一緒に歩いていきます。

 

前の子は、両手→片足→両手→片足というように進むので

後ろの子はしっかり動きを見てスピードを合わせることを

大事にしてください。

2人の息が合わないとスムーズに進めないだけでなく、

怪我にもつながります。

最初に良い見本と悪い見本を見せておくのも有効です。

足を持ち上げる時や下ろす時のタイミング、声掛けの仕方なども

一緒に確認しながら行なってみてください。

 

自分のペースで動くのではなく相手のペースに合わせて

動くということが社会性を育てるとても大事な要素です。

ペアを変えたり、慣れてきたらアレンジを加えたりしながら

繰り返し遊んでみてください。