私達の運動あそびでは技術習得だけを目的とせず楽しい活動を目指しています

私たちは子ども達に運動あそびを提供していますが、

技術習得だけを目的にしていません。

技術習得を目的にすると、どうしても「やらされている活動」になりがちです。

やりたくないのにやらされてできるようになっても、

子どもの中には良い記憶として残りません。

 

いつも子どもが「楽しい」「やってみたい」と思いながら

わくわくした気持ちで取り組めるように工夫することを大事にしています。

 

今日は私達が提供している運動あそび「柳澤運動プログラム」の

中から「コウモリ予測じゃんけん」をご紹介します。

 

鉄棒で両手と膝で逆さまにぶら下がる「コウモリ」に変身し、

手を離して指導者と予測じゃんけんをします。

予測じゃんけんは、指導者が出す手のヒントを伝えるので

それに勝つ手を考えて出すじゃんけんです。

 

逆さまの状態では、見える世界が普段と反対になります。

そのような状態でも、冷静にいつもと同じように置き換えて考えることで

子どもの客観的に考える力や集中力が養われます。

 

まだ逆さまの感覚に慣れていない子は、ヒントがよく聞けなかったり

焦ってじゃんけんをしてしまいます。

その状態だと前回りや逆上がりの上達も難しくなってしまうので、

しっかりと逆さ感覚を身に付けておけるように

逆さまになる遊びを増やしてみてください。

 

また、鉄棒あそびでは常に落下のリスクがあるので

子どもの手首を握る補助や、すぐに支えられる位置で

見守るようにしてください。