子どもの運動不足を防ぐ環境作りや意識改革が大切です。

いま、子ども達の運動不足が深刻になっています。

特に都会では公園など子ども達が遊べる場所が少なかったり、

公園もボール遊びができないなどの制約があることが多く

どうしても子ども達の遊びが室内になりがちです。

 

また、保育園や幼稚園では園庭がなかったり、

あっても狭いというところも多く、子ども達が十分に体を動かせる

環境が整っていないということもあります。

しかし、こうした環境でも大人の意識次第で子どもの運動量を

確保することは可能です。

子ども達が日々楽しく体を動かすことができるように

考えていきましょう。

 

今日は、私達が提供している柳澤運動プログラムの中から

「イメージカンガルーカップタッチ」をご紹介します。

 

赤や緑、黄色など複数の色のカップをランダムに床に配置します。

子どもは両足を閉じてジャンプするカンガルーさんで、

指示された色のカップをタッチしていきます。

カップをタッチする時はしゃがんでタッチするようにします。

 

そして色の指示を出す時は「赤」ではなく食べ物や物に例えて

「トから始まる丸い野菜」

「おさるさんが好きな細長い食べ物」のような言い方で表現します。

 こうすることでイメージ力や理解力、判断力、語意力や語彙力、

そして集中力が強く育ちます。

楽しいと感じている時、集中力がさらにアップするので、

子ども達に合わせた遊び方で遊ぶことがポイントです。

 

また、カップにしゃがんでタッチする時にスクワットのような

動きができるので、下半身を中心に鍛えられる効果もあります。

急いで行なうと動きがおろそかになり

しっかりと力を育てることができないので、

慌てず正確に行なうことを大事にしてください。

 

1日の中に少しで良いので、子ども達が全力で動ける時間を設け、

日常生活の中でも少しでも多く体を使うことが

できるように工夫をして、子ども達の運動不足を防ぎましょう。