朝ごはんを食べる子は学力も運動能力も高くなることがわかっています。

「子どもが朝ごはんを食べないのは良くない」というのは

広く知られていることで、子ども達も学校でそういった話を

聞いてきていると思います。

 

実際に朝ごはんを食べている子と食べていない子では

学力にも運動能力にも影響が出ることがわかっています。

朝ごはんをしっかり食べている子は、

朝ごはん以外の早寝早起きなどの基本的な生活習慣も

整っていることが多いので、自然と朝ごはんが食べられるのです。

 

夕飯の時間が遅かったり夜お菓子を食べていたりすることで

朝起きた時お腹が空いていなかったり、

睡眠不足で食欲がわかないということがないように、

大人が管理し規則正しい生活リズムを獲得できるように

していきましょう。

そして、夕飯もお腹が空いた状態でできるだけ早い時間に

食べられるように、日中の適度な運動も心がけましょう。

 

今日は、私達が提供している運動療育プログラムから

「ジグザグ動物歩き」をご紹介します。

 

ビニールテープや大縄などで、幅のあるジグザグの道を作ります。

幅の広いところや狭いところを作っておきましょう。

まずはこのコースの中をジグザグに歩いて進んでいきます。

次からは、四つんばいから膝とお尻を上げて歩くクマ歩き、

両足ジャンプをするうさぎジャンプやカンガルージャンプなど

好きな動物の動きで進んでいきます。

 

アレンジをする時は速く進むアレンジではなく、

コースの幅を狭くしたり、コースの線をコーンやカップなどで

作ってみると、空間認知力や身体コントロール力、

イメージ力などを強く養うことができます。

 

いろいろな動物の動きに挑戦し、フラフラせずスムーズに

進めるように繰り返し行なってみてください。