外遊びなどの減少は子ども達の体・心・脳の発達にも影響しています

子ども達の運動能力や運動神経は、かつては日々の外遊びや

日常生活の中で自然と養われていました。

生活が便利になり体を動かさなくなったことや外遊びの減少などから

子ども達のこうした力が育つ機会が少なくなりました。

 

それによって、転びやすかったり転び方も下手で大きな怪我をしやすい

といったことが多くなり、運動を避けるのでさらに運動が

苦手になるという負のスパイラルも増えています。

 

運動は体を育てるだけではありません。

集中力がアップすることで学習への効果が期待できたり、

友達と一緒に遊ぶ中で人を思いやるなどの社会性を

身につけていくこともできます。

 

私達は子ども達の体・心・脳を育てる運動あそびを提供しています。

その運動あそびプログラムの中から「棒くぐり」をご紹介します。

 

縄や棒を使って低い高さの障害物(罠)を作ります。

子ども達はうつ伏せのワニ歩きでこの罠の下を

くぐり抜けて遊びます。

ワニ歩きは、うつ伏せで胸までしっかり床に付け、

両手はパーに開いて交互に前に出して体を引き寄せながら、

足も交互に動かして地面を蹴りながら進んでいく動きです。

 

罠の設定なので、罠に当たらないようにくぐることを

動機付けできるように「罠に当たるとつかまっちゃうよ」などの

声掛けも必要に応じて行なってみてください。

 

スムーズに進むためには手と足を上手に動かすことが必要で、

腕の力で体を引き付けること、足を股関節から大きく開いて

指先で地面を蹴ることがポイントになります。

また、罠に体が当たらないように、体の見えない部分にまで

意識を向けて動く力も大事です。

 

鉄棒や跳び箱などいろいろな運動の上達につながる基礎的な

力を養っていくことができる遊びです。

ぜひ子ども達の姿に合わせてアレンジしながら

提供してみてください。