今の子ども達が体験しにくい動作を運動あそびで行うのがおすすめです

最近では、小学生でも雑巾をうまく絞れない子がとても多くなっています。

昔のように家庭や学校などで日常的にタオルや雑巾を

絞ることがなくなっていて、雑巾がけもしなくなっています。

 

このような体の運動器の低下は子ども達の体の発達に

影響し、老化した状態のようになってしまいます。

日常生活で必要な基礎筋力をつけ、怪我を防ぐ関節の柔軟性や

体の調整力をしっかりと身に付けていけるように

「運動する」というよりは「楽しく遊ぶ」感覚で

体を動かせるように導いていきましょう。

 

今日は、私達が提供している運動あそび「柳澤運動プログラム」の

中から「雑巾がけ&ジグザグ雑巾がけ」をご紹介します。

 

一般的な雑巾がけです。

手はパーに開いて肘を伸ばした状態で体を支えながら、

脚力を使って雑巾がけを行います。

まっすぐ進むだけではおもしろくないので、円のコースにしたり

コーンなどでジグザグのコースを作って

素早く体を切り返したり曲がることができるようにしましょう。

 

コースを設定することで動きが制限されるので

抑制力や身体コントロール力が養われ、空間認知力も

育てることができます。

 

普段の生活の中で行なわなくなってきている雑巾がけを

運動あそびとして行なうことで、

子どものうちに身に付けておくべき必要最低限の力を

遊びながら身に付けていくことができます。

 

あくまでも子ども達が「やりたい」と感じながら

楽しくできるように遊び方を工夫しながら提供してみてください。