子どもの頃の運動や生活リズムが大人になってからの心身の健康に関係しています。

最近の子ども達は、朝から眠気やだるさを訴えたり、

疲れやすいといった様子がとても多く見られます。

朝元気よく登園、登校し1日の活動に意欲的に

取り組めるように、まずは食事、運動、睡眠といった

基本的な部分を見直してみることも必要かもしれません。

 

朝すっきりと起きるためには早く寝ることが大事です。

早く寝るためには日中体を動かして適度に疲れること、

そしてお腹が空いた状態でしっかり夕食をとって

入浴も早めに済ませ、ぐっすりと眠れるように生活リズムを

整えることがまず大切になります。

 

子どもの頃の運動習慣は大人になってからの運動習慣に

つながり、体だけでなく心の健康にも大きく関わってきます。

子ども達が小さいうちから体を動かす習慣を身につけられるように

大人が意識していくことも必要になっています。

 

今日は、私達が提供している柳澤運動プログラムから

「動物フープ渡り」をご紹介します。

 

フープを複数用意し、少し間を空けて床に並べておきます。

このフープの中だけをクマやカンガルー、カエルなどの

動物に変身して渡っていきます。

最初はクマ歩きから始めるのがおすすめです。

 

気をつけるポイントは、フープに手足が当たらないことです。

速くゴールすることよりもフープに当たらずに

正確に進めることを重視してできるようにしてください。

また、コースを作る時にはまっすぐ進むだけではなく

斜めに進むこともできるようにフープを配置しましょう。

 

フープに当たらないようにに進むことで空間認知力や先を読む力、

身体コントロール力が効果的に養われ、

速く進みたい気持ちを抑えて正確に進むことで抑制力や

集中力も育てていくことができます。

繰り返していくうちに、だんだんスピードを競いたくなってくる

ことがあるので、ルールや設定を変えながら行なうのもポイントです。

 

子ども達に必要な力を見極めながら、効果的な運動あそびを

提供していきましょう。