運動神経は遺伝ではなく幼児期に運動環境が大きく影響します。

「運動神経は遺伝だから自分の子は運動は向いていない」とか

「運動神経が悪くても生活に支障はないから良い」と

思っている方はいませんか?

 

運動神経は実は遺伝ではなく、幼児期の運動環境によるものが

大きいということがわかっています。

また、運動神経の良さはスポーツの上達だけではなく、

日常生活の中でもスムーズな身のこなしで危険を回避したり、

怪我を防ぐなどのメリットもあります。

 

子どもの運動神経を良くするために、幼児期の遊びの中で

走ったりジャンプしたりしゃがんだり、いろいろな体の動かし方を

経験できるようにしていきましょう。

 

私達は主に幼児期の子ども達に、運動あそびを提供しています。

今日はその中から「ポイントジャンプ」をご紹介します。

 

ダンボールやヨガマットなどをA4サイズほどの大きさに

切った物を複数用意し、飛び石のように間を空けて配置します。

これを石に見立てて、石の上だけを両足ジャンプで跳び移って

渡っていきますが、必ず両足を揃えてジャンプするようにします。

足がバラバラになるとあまり力を使わずにできてしまうので、

足の力も腹筋背筋もしっかりと育てることができません。

 

石から落ちないように意識付けるために、子ども達は忍者になり、

「周りは池だから、落ちて音がすると敵に見つかってしまう」

という設定などもおすすです。

 

また、石と石の距離をランダムに配置することで

跳ぶ時に頭の中でうごきのシュミレーションがされて

空間認知力を強く育てることにつながります。

また、石と石の距離や必要なジャンプの大きさ、力の入れ具合、

着地時の姿勢やゴールまでの道順などを考える力も養われます。

 

最初はただ渡れれば良いですが、慣れてきたら石に色をつけて

「青い色だけ渡る」「赤→青→黄の順番で渡る」

「赤は爆弾だから乗ってはいけない」

「ゴールまで4つの石しか乗ってはいけない」など

全員同じルールでなくても良いので、

子どもの段階に合わせたものを提供し、

必要な力をしっかりと身に付けていけるように促しましょう。