運動不足によって子ども達に「浮き指」など足の機能の問題が増えています。

近年では環境やライフスタイルの変化などに伴い、

子ども達の足の機能の衰えや「浮き指」「外反母趾」などが

多くなり問題となっています。

「浮き指」では、足を地面についた時に指が浮いた状態なので

バランスがとりにくくなり、歩行の不安定さや姿勢の悪さ、

そして歩行時の衝撃を吸収することもできなくなるので

膝や腰などを痛めてしまうなど数々の体の不調につながります。

 

小さなうちから足をたくさん使った生活ができるように、

家の中では靴下を脱いで生活したり、

少しの距離なら歩いて移動する、外で遊ぶ時間を増やすなど

大人が意識して働きかけてあげることも必要になっています。

 

私達は幼児期の子ども達に運動あそびを提供し

成長発達を促していますが、今の子ども達に不足している力を

効果的に育てていけるように工夫しながら行なっています。

 

今日は私達が提供している「柳澤運動プログラム」の運動あそびの

中から「のれんくぐりクマ」をご紹介します。

 

鉄棒にマットを布団干しのようにかけます。

これを2~3こ間を空けて設置しておきます。

 

子どもは四つんばいから膝とお尻を上げて歩くクマ歩きで、

マットののれんを頭で押しながらくぐっていきます。

マットは重いので、押して歩くためには手と足の指先に

力を入れて歩くことが必要になります。

ぜひ裸足で行なってください。

また、膝をついてしまいたくなりますが、

膝を上げてクマ姿勢で進むように伝えましょう。

 

頭でマットを押す時、頭のどの部分で押すかで

難易度が大きく変わります。

顎を上げて額に近い部分で押そうとすると

なかなか前に進めないですが、顎を閉じて頭頂部で押すようにすると

スムーズに進めます。

 

このポイントを子ども達に見つけてもらうのもおすすめです。

まずは繰り返しやってもらい、どうすると進みやすいかを

子ども達から聞きだしてみてください。

こうした時間をとることで、コミュニケーション能力を高めたり

子ども同士で教えたり教えられたりすることで

友達との関係作りにもつながります。

 

子ども達の年齢や発達段階などに合わせて、

遊び方だけでなく全体の活動にいろいろな工夫をしながら

行ってみてください。