運動あそびの継続で子どもの怪我が減ります。

ロコモティブシンドローム(運動器症候群)とは、

骨、関節、筋肉などの運動器の衰えが進行することによって

日常生活での立つ、歩くなどの動作に障害を来たしている状態です。

高齢者に多く見られるものですが、

最近では生活習慣の乱れや運動不足などの要因から、

この予備軍に当てはまる子ども達が増加していると

言われています。

 

こうした子ども達は、片足立ち、バンザイ、前屈、しゃがむ

といった基本的動作ができない状態です。

また、基礎的な筋力の不足から、転んだ時に自分の体重を

腕で支えることができないので、顔などに怪我をする可能性が高くなります。

 

私達は子ども達に運動あそびを提供していますが、

運動あそびを取り入れた保育園や幼稚園では

確実に子ども達の怪我が減っています。

子ども達を怪我から守り、動ける体を育てて自信を持たせて

いくためにも、幼児期からの継続的な取り組みが大切です。

 

今日は私達が提供している柳澤運動プログラムの中から

「高速カップタッチクマ」をご紹介します。

 

まずは赤と緑など2色のカップを複数用意して

床にジグザグになるように並べてコースを作ります。

子どもは四つんばいから膝とお尻を上げたクマの姿勢になり、

指導者に指示された色のカップをタッチして歩いていきます。

「高速」なので、できるだけ速く進めるようにしましょう。

 

色の指示では、「赤い色だけ」「ピーマンの色」

「赤じゃない色」「先生が持っているカードの色」

などいろいろな表現で伝え、イメージ力や語意力などを

養っていきましょう。

また、慣れてきたらカップの色を3色、4色と増やしていき

「赤→黄色→緑の順番にタッチ」など記憶力も

刺激するようなアレンジでも遊んでみてください。

 

いつも子ども達がわくわくして夢中になれる

運動あそびの時間になるように、子どもに合わせた

楽しい遊びを提供することが大事なポイントです。