幼児期は運動を習得しやすく、運動を好きになれるような働きかけが大切です。

幼児期の子ども達は、運動が何となく苦手な子でも

繰り返し練習することですぐにある程度できるようになります。

これが大きくなってから苦手な運動に挑戦しようとしても、

なかなかできるようになりません。

また、だんだん運動に対して苦手意識を持ってしまうのも、

大きくなってからの習得が難しい理由の1つです。

 

運動嫌いのまま大人になってしまうと、その後も運動習慣を

身につけることが難しいので、運動不足になりがちです。

将来の健康のためにも幼児期に運動を好きになり

運動を習慣付けておくことがとても重要です。

 

私達は、全ての子ども達が運動を好きになれることを目指して

運動あそびの提供を続けています。

 

今日は私達が提供している運動あそび「柳澤運動プログラム」の

中から「プチリレー」をご紹介します。

 

子ども達をいくつかのチームに分けて、リレーを行います。

自分のチームの友達を覚えて、今自分のチームが何位なのか、

自分の順番はいつかなどをしっかり把握して

スムーズにバトンの受け渡しができるようにしましょう。

 

コースは、直線や円のコースだけでなく、三角コーンなどを使って

ジグザグコースにしたり、タッチするポイントや

ジャンプするポイントなどを作ってコースをアレンジすると、

 

走るのが苦手な子でも楽しめるのでおすすめです。

 

やることはリレーですが、ただ走ることが目的ではなく、

チームの友達との仲間意識を高め、社会性を育てていくことが

目的の遊びです。

応援し合うことや、教える教えられるなどの中で

こうした意識を高めていけるように促し、

1回終わるごとに作戦タイムを設けるのもおすすめです。

子ども達の年齢にも合わせながら、提供してみてください。