幼児期には自己肯定感を高める関わりが大切です。

「日本の子ども達は自己肯定感が低い」と言われることが多いですが、

自己肯定感とは、「自分は大切な存在である」とか

「自分は価値のある人間だ」というような自分自身を認め、

肯定できる感覚のことです。

 

自己肯定感が高い子は、自信を持っていろいろなことに前向きに

挑戦して生きていくことができ、将来を左右する重要な要素になります。

この自己肯定感は、幼児期にその土台が形成されるので、

日々の子どもへの接し方や関わり方がとても大切になってきます。

 

私達は子ども達に運動あそびを提供していますが、

運動指導の中では子ども達が自分に自信を持ち

自己肯定感を高めていけるように、結果だけでなくがんばった過程を

認め、小さな成功体験をたくさん積めるように工夫しています。

 

今日は私達が提供している「柳澤運動プログラム」の中から

「サルのカップキック」をご紹介します。

 

子どもは両手で鉄棒につかまり、脇を締めて肘を曲げた状態で

ぶら下がるおサルさんに変身します。

指導者は子どものお腹くらいの高さに、赤と青など2色のカップを

横に並べて出し、どちらのカップをキックするかを伝えます。

 

子どもは指示された色のカップを素早くキックしましょう。

キックは両足を揃えた両足キックが理想ですが、

最初難しい場合は片足キックでも構いません。

 

大事なポイントは、肘を曲げた状態で行なうことです。

肘が伸びていると左右にキックを出そうとしても

下半身しか動かせないので、狙った位置に足を出すことができません。

脇を締めて肘を曲げることを意識できるように、

脇に「魔法ののりを塗ってあげるね」と言って脇を触ってあげると

どこに意識を向ければ良いのかがイメージしやすくなります。

 

できるようになってきたら、キックするカップの色を

「トマトの色」とイメージ力を刺激するようにしたり、

「赤→青の順番にキック」と記憶力を刺激するようにしながら

子ども達の育てたい力に合わせてアレンジをしてみてください。