集中力が続かない子どもが増えています。

最近、集中力が持続しない子ども達が増加していると問題視されています。

一般的に子どもの集中力は短く、10~15分ほどと

されていますが、この短時間でさえ集中力が保てない子が増えているのです。

 

勉強でも運動でも集中して取り組むことができれば

その効果には大きな違いが出てきます。

まずは子どもが集中できるような環境作りをすること、

誰でも好きなことや楽しいことには集中しやすいので、

子どもが興味を持てる工夫をすること、

睡眠不足などを避けて体調を整えること

などが大切になってきます。

 

そして私達が行なっているのが「運動と学習の組み合わせ」です。

学習に向かう前に運動あそびで軽く体を動かし、

その後数分体を静止させてから学習に取り組むようにします。

こうするだけで脳が集中しやすい状態になります。

 

ただ「集中しなさい!」と言っても集中できるものではないので、

大人が望む方向に自然に子ども達を導いていけるような

働きかけをしてみてください。

 

今日は、私達が提供している運動あそび、柳澤運動プログラムから

「大きいスキップ」をご紹介します。

 

通常のスキップよりも、腕を振って大きな跳躍のスキップをします。

速く進むことが目的ではないので、太ももを高く上げて

上に跳ぶイメージで大きなジャンプになるように意識しましょう。

 

大きなジャンプをするためには腕を振るのがポイントですが、

腕を大きく振ると今度はバランスを崩しやすくなります。

そこで、バランスをとる腹筋や背筋が必要になり養われます。

 

繰り返し行なうことで下半身の筋力や体幹の筋力が養われ、

日常生活での姿勢改善や姿勢保持にもつながります。

 

リズム感を養うためにリズムも大事にしながら、

いろいろなルール設定やアレンジで繰り返し遊んでみてください。