効果的な褒め方で子ども達の成長発達を促しましょう。

子どもは褒めて伸ばすのが良いと言われますが、

ただ褒めれば良いというわけではありません。

 

よくやりがちな言葉掛けとしてテストで良い点をとった時、

工作が上手にできた時など、何かができたという「結果」を

褒めることがあると思いますが、

結果だけを褒めると、次にその結果が出せそうにないと

努力するのをやめてしまったり、結果を出すためにズルをしたり、

ということになってしまいます。

 

子どもを褒める時は「結果」ではなくそれまでの「過程」や

「努力」を褒めることが重要です。

それは、勉強でも運動でも日常生活でも同じです。

子ども達のやる気を引き出し、次につなげていくためにも

毎日の言葉掛けに少し気を配ってみると良いかもしれません。

 

私達も子ども達への運動指導では、同じ運動をやっていても

声掛けは1人1人に合わせて行なうようにし、

より効果的に上達を促し自信につなげられるようにしています。

 

今日は私達が提供している柳澤運動プログラムの中から

「障害物ウシガエル」をご紹介します。

 

まずウシガエルは、足を開いてしゃがみ両手はパーにして

真ん中に揃えてつき、先に手を前に出してから

足でジャンプして前に進んでいく動きです。

手と足が同時にジャンプしないように、手→足→手→足の順番に

前に出すことをしっかり確認しておきましょう。

 

このウシガエルの動きで、並べたフラフープのコースを

渡っていきます。

フープに手足が当たらないように気をつけながら、

手→足の順番に動かして進んでいきます。

フープの位置をよく見て距離を測り、それに合った強さのジャンプ、

体をコントロールする力が必要になります。

 

また、ウシガエルの動きでは足をできるだけ前に持ってくることが

大事になりますが、フープを使うことでフープの中に

手足を入れるために足を前に大きく出す意識が生まれます。

それによって空中で長く体重を支える腕の支持力が

養うことができます。

 

ただ、まだ支持力が不十分な場合は支えきれずに

顔から転んでしまうことがあります。

子どもに合わせて補助を行なったり、

腕の支持力を養うためのクマ歩きや片足クマ歩きなどを

たくさん取り入れてみてください。

 

日々の継続的な運動あそびで、無理なく楽しみながら

子ども達の総合的な発達を目指していきましょう。