運動あそびで多様な楽しい運動経験を積み重ねていきましょう。

幼児期の子ども達が運動をする上で大切なことは、

「多種多様な動きを経験すること」「楽しく行なうこと」です。

小さい頃からサッカーや野球などのスポーツをしているから

大丈夫、ということではないのです。

 

幼児期には、特定の動きを繰り返して上達を目指すことよりも

あくまでも自発的な遊びの中で、多種多様な動作を経験し

身に付けておくということがとても重要になります。

 

今の子ども達はなかなか自由に外遊びをしたり

体を動かす機会がとりにくいということがあるので、

運動あそびを積極的に取り入れていきましょう。

 

今日は、私達が提供している運動あそび、柳澤運動プログラムから

「片足クマの前転」をご紹介します。

 

片足クマの動きから前転をします。

片足クマは、四つんばいから膝とお尻を上げたクマ姿勢から

片方の足を後ろに上げた姿勢です。

この片足クマの姿勢では顎を開いておき、前転をする時は

顎を閉じて後頭部からマットについて前転をします。

そして、顎を閉じると同時に足で地面を蹴って回転します。

 

慌てて行なわないように、1つ1つのポイントをしっかり

子ども達と確認しながら行なってください。

連続した動きは難しいかもしれないので、

クマ歩きから片足クマ歩き、片足クマから前転というように

ゆっくりつなげていき、連続した動きに挑戦してみましょう。

 

また、指導者のお手本や補助によって、イメージを持ってできるように

してあげることも大切です。

子ども達1人1人に合わせて補助や声掛けをしながら、

1人1人が意欲的に取り組めるようにしていきましょう。