ワーキングメモリは勉強、仕事、コミュニケーションにおいてとても重要な能力です。

勉強や仕事、人とコミュニケーションをとる時には

「ワーキングメモリ」という力がとても重要になります。

記憶や情報を一時的に保持し、それを適切に引き出しながら

答えを出していく力で、脳のメモ帳とも呼ばれています。

 

例えば小学校1年生では、短い文章しか理解できませんが、

少しずつ長い文章が理解できるようになっていきます。

これは、ワーキングメモリの能力が向上して、

最初の情報が保持されながら次の情報を処理できるように

なったためです。

 

国語・算数・体育どの教科でも必要な力で、

日常生活の中でもとても重要になってくるので、

ぜひワーキングメモリを鍛えることを意識してみてください。

子ども達には運動あそびがとてもおすすめです。

 

私達こどもプラスが提供している運動あそび、

柳澤運動プログラムの中から「綱渡りしながら積み木拾い」を

ご紹介します。

 

1本の縄を床に置き、その周りに積み木をばらまいておきます。

縄の上だけを綱渡りのように渡りながら、

指導者に指示された積み木を拾って最後まで縄を渡ります。

 

拾う積み木の指示は、色の指定、数の指定、形の指定、順番の指定と

段階を追って組み合わせながら難易度を上げていきます。

縄の長さも少しずつ長くしていきましょう。

 

速さを競うものではないので、積み木を拾う時もゆっくり

しゃがんで取り、縄から落ちないことを意識付けてください。

バランスをとることばかりに気をとられてしまうと、

積み木の指示を忘れてしまいます。

少しずつ難易度を上げながら、ワーキングメモリを強化していきましょう。

 

積み木拾いだけでなく、他にもいろいろなアレンジで

遊ぶことができます。

ぜひ、子ども達と一緒に楽しい遊びを作り上げていってください。