達成感や成功体験の積み重ねを大切にした運動あそびを提供しています。

子どもの成長にとって「達成感」や「成功体験」は、

とても重要な要素になり、多くあればあるほど自信につながって、

子どもはそれを元に活動していくことができます。

この成功体験によって、ドーパミンやセロトニンといった

脳内物質の分泌が盛んになります。

これは、わくわくしたり幸せを感じたときにでるもので、

いわゆる充実感を感じることができるものです。

 

そこで、日常の中では大きな成功体験が1つよりも

小さな成功体験を多く感じられるようにしていくことが大切です。

運動遊びでもそんなことを心がけながら行ない、

子ども達が楽しく自主的に取り組みながら

多くの力をつけていけるようにしています。

 

今日は、私達が提供している柳澤運動プログラムの中から

「運転手さん」をご紹介します。

 

子ども達は2人一組になり、仰向けになる役とその子を押す役を

決めます。

この時、年齢に応じてですができるだけ子どもだけでペアを決めたり

役を決めたりできるようにしましょう。

 

仰向けになる子は、仰向けになったら「気をつけ」の姿勢のイメージで

体をまっすぐにします。

押す役の子は、その子の足を持ち上げて自分のお腹にくっつけて

足を持って押していきます。

 

 

スムーズに進んでいくためには、仰向けの子が腹筋に力を入れて

全身を一体化させておくことがポイントです。

脱力してふにゃふにゃしている状態だとうまく進めないだけでなく

 

怪我などにもつながるので、1本の棒になるイメージで

全身に力を入れておくように伝えておきましょう。

 

また、2人の息を合わせることも大事なポイントです。

お互いに相手がやりやすいように考えながら動くという力を

身につけるためにはとても有効な遊びなので、

子ども達の年齢などに合わせながら提供してみてください。