進級、進学に向けて運動指導でも子どもの気持ちに寄り添った関わりが大切な時期です。

4月に進学や進級の時期を控え、子ども達も新しい環境への

期待と不安を抱えて心の準備も始める時期です。

 

新しい環境への変化は誰もが経験していくことですが、

子どもによっては大きな試練でもあります。

不安な気持ちに寄り添い、和らげてあげられるような関わりや

声掛けが大切です。

 

運動指導の中でも、子ども達の発達を確認したり進級への期待感を

持てるように工夫していきます。

 

今日は、私達が提供している柳沢運動プログラムの中から

「縄越えカンガルー連続跳び」をご紹介します。

 

子どもの膝くらいの高さの縄を、間を空けて4~5本設置します。

その縄に引っ掛からないように、両足を揃えたカンガルージャンプで

連続で跳び越えていきます。

 

両腕をタイミングよく振って跳び、着地ではかかとをつけずに

つま先立ちで、膝を曲げてクッションをうまく使いましょう。

腕を振ることで着地でのバランスもとりやすくなります。

 

慣れてきたら素早い身のこなしができるように、

制限時間を設けて行なってみてください。

時間が限られることで、子どもに体を効率よく動かそうという

意識が生まれ、体重の微調整なども上達します。

また、急ぐことで足がバラバラになりやすくなるので、

抑制力や集中力も刺激することができます。

 

どうしても足がバラバラになってしまったり、時間制限が

あることに怖さを感じてしまうような場合は、

確実に成功できる秒数で行なってください。

 

子ども達が自信を持って進級していけるように成功体験を

増やし、声掛けも1人1人に合った声掛けをしていきましょう。