運動あそびでは子ども達が運動を好きになれることを大切にします

私達が提供している柳沢運動プログラムでは、具体的な種目としては

「鉄棒の逆上がり」「縄跳びの連続跳び」「跳び箱の開脚跳び」

「マット運動の側転」の4種目の習得を目標としながら

様々な運動あそびを行なっていきますが、

目的は技術の習得や運動能力を高めるということではありません。

 

一番大切にしているのは「全ての子どもが運動を好きになること」です。

 

この4種目はどれも、段階を踏んで練習すればほとんどの

子ども達ができるようになります。

この時の「できた」という達成感が大きな自信になり、

「もっとやってみたい」「もっと上手になりたい」意欲に

つながって、良い循環が生まれ運動を好きになっていくことが

できます。

 

今日は柳澤運動プログラムの中から「忍者前回りキック」を

ご紹介します。

 

まず鉄棒につかまって跳び乗り、肘を伸ばして背すじを伸ばし、

足をまっすぐ揃えたら顔を前に向けます。

そこから肘を曲げてゆっくり体を前に倒していき、

ゆっくりと前回りをします。

そのまま着地せずに、空中に浮いた状態で両足を揃えて

前にある目標物に向かってキックをします。

 

前回りの後にしっかり回転をコントロールするためには、

最後まで肘を曲げて腕に力を入れておくことと、

お腹と太ももで鉄棒をしっかりと挟むことが大事なポイントです。

 

そして、ぶら下がりながら両足キックをするためには

腕の力だけでなく、足を持ち上げる腹筋や足を閉じておく

内股の筋力も必要になります。

 

回転しながら腕に力を入れておくのは難しい場合があるので、

必要に応じて腕に力を入れるタイミングの声掛けや

お尻を支えてあげる補助などを行ない、

成功体験を積んでいけるようにしましょう。