子ども達の入園前の体を動かす経験が不足しています。

子ども達が「転びやすい」「疲れやすい」「怪我をしやすい」と

いう保育現場での声をよく耳にします。

今の子ども達は、保育園や幼稚園に入園するまでの

体を動かす経験が不足気味で、中には入園するまでブランコや

滑り台、ジャングルジムなどで遊んだことがないという子もいます。

 

そのため、なかなか体力やスムーズな身のこなしなどが

身につかず、上記の3つのようなことが起こります。

 

こうした子ども達の基礎力をしっかりと養うためには

運動の機会を増やすことが一番ですが、子ども達にただ運動をさせようと

思っても、楽しくなければ子どもは続けることができません。

 

そこで効果的なのが「運動あそび」です。

私達が提供している柳沢運動プログラムは、子ども達の興味を引くような

様々な工夫がされた運動あそび、そして指導の仕方にも工夫がされています。

ぜひ、子どもの姿に合わせて提供してほしいと思います。

 

今日は柳澤運動プログラムの中から「リズムに合わせてグーパー跳び」

をご紹介します。

 

まずグーパー跳びを行います。

グーは、両腕を曲げて胸につけ、両足を閉じて跳ぶ姿勢。

パーは、両腕を伸ばして上にバンザイのように広げ、

両足を開いて跳ぶ姿勢です。

これを交互に繰り返して進んでいくのがグーパー跳びです。

 

このグーパー跳びをその場で一定のリズムで行いますが、

自分のリズムではなく指導者の出すリズムに合わせて

跳ぶのがポイントです。

速いリズムで行なうのが目的ではなく、人のリズムに合わせて

動くということが大切なポイントなので、

しっかりとこちらに意識を向けさせながら行います。

 

この、手と足の両方に意識を向けながら、人のリズムに合わせて

体を動かすということが前頭前野をとてもよく働かせます。

繰り返し行なって運動量も確保できるように、子ども達の興味を

引きながら、楽しく参加できるようにするのがポイントです。