幼児期は新しい動きを身につけやすい時期なので運動あそびが効果的です。

幼児期は、特に神経系の発達が著しく、タイミングよく動いたり

力加減をコントロールするような体の調整機能が最も大きく伸びる時期です。

そのため、運動全般の基本的な動作や新しい動きを

身につけやすい時期になります。

 

この時期にしっかりと基礎力を身に付けて、体を動かすことの

楽しさを感じることで運動を好きになっておくことが

生涯にわたっての心身の健康にとても重要です。

 

子ども達が体を動かすことは、=遊びです。

運動あそびを日常的に行なうことで子ども達の能力を引き出し、

良い方向に伸ばしていくことが大切です。

 

今日は、こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「お便りコウモリ(着地指定)」をご紹介します。

 

まずは鉄棒につかまってぶら下がり、両手の間に足をかけて

逆さまのコウモリになります。

コウモリの姿勢から足を離して顔の方に近付けていき、

足をまっすぐ伸ばした状態でぶら下がります。

そこから顎を開いて着地位置を確認し、ゆっくり着地します。

着地位置にはわかりやすく目印をつけておきましょう。

 

降りることだけに意識が向いてしまうと

勢いよく回転をして落下したり、肩に負荷がかかって

脱臼などの怪我につながりやすので、ゆっくり回転するように伝えます。

また、足を離す時に腹筋や背筋に力が入っていないと

勢いよく回転しやすいので、お腹に力を入れることも大事です。

 

いつも危険予測をして補助をしながら安全に楽しく行ない、

効率的に力を育てていけるようにしましょう。