運動あそびの継続で子どもの大きな怪我が減ります。

「運動は怪我をするから避ける」という園もありますが、

私達が提供している柳沢運動プログラムを取り入れることで、

園内での怪我は擦り傷程度のものはありますが

顔や歯への怪我、捻挫といった大きな怪我は減少しています。

 

子ども達を怪我から守るためには、基礎的な力を身に付けて

動ける体にしておくことが必要です。

今の子ども達は、自分の体の動かし方を知らない子が増えているので、

幼児期からの運動あそびで基礎力を養っていきましょう。

 

今日は、柳澤運動プログラムの中から「1本線のクマ歩き」を

ご紹介します。

 

床にビニールテープで1本線を引いておきます。

四つんばいから膝とお尻を上げて前を向くクマ歩きで

この1本線の上を落ちないように歩いていきます。

 

腕で体を支える支持力、線から落ちないように歩くバランス力や

空間認知力が必要になる遊びです。

また、途中でバランスを崩した時に体勢を立て直すことで

身体コントロール力や体幹などの基礎筋力も養われます。

 

やってみると意外と難しく、集中力と抑制力が強く必要になる

遊びです。

速く進むことではなく、正確に手足を運ぶことを大事にしましょう。

そして少しずつ距離を伸ばしていき、10mほど歩けるように

挑戦してみてください。

 

こうした腕の支持力を育てる遊びを日常的に行なうことで、

転んだ時に手でしっかりと体を支えることができるので

顔や歯への怪我を減らすことにつながります。