運動あそびのアレンジではポイントを押さえて安全で楽しく効果的なものにしていきます

子ども達に運動あそびを提供する時は「アレンジが大事」と

昨日の記事でも書きましたが、アレンジを加えるときのポイントとして

まずは「新しいこと」という要素が子ども達は楽しめます。

ただ、新しいことも慣れてくると飽きてきてしまうので、

次はそこに不安定さをプラスするのがおすすめです。

 

それにも慣れてくると、子ども達は競争をし始めます。

競争では、楽しさと同時に怪我やトラブルのリスクも高まります。

子ども達が好きなように競争をさせてしまうと危ないので、

勢いだけの競争にならないようにリスクを減らす工夫が必要です。

 

例えばクマ歩きでは、1対1でただ競争をするのではなく、

2人ペアになって並んでクマになり、

2人の間にボールを挟んで2対2での競争をします。

ボールを落とさないように意識しなければいけなくなるので

スピードが抑えられてリスクを減らすことができ、

友達と協力することも学べます。

 

他にも、両足を揃えて跳ぶカンガルージャンプでも

ただジャンプをしていくだけだと、バランスを崩したり

勢い余って壁にぶつかってしまうことがありますが、

カップにボールや風船を乗せた物を手に持ち、それを落とさないように

運ぶようにするとスピードが抑えられるだけでなく、

2つのことに同時に意識を向ける力も養えます。

 

このように、ポイントを押さえたアレンジをすることで

1つの基本の動きからいくつもの遊びに発展させていくことが

できるので、子ども達の段階に合わせてより効果的で楽しい

アレンジを考えていくことが大切です。