基礎力を身に付けて動ける体をつくっておくことが将来役立つ力になります。

子ども達の学力や運動能力などを伸ばしていくためには、

まずは「基礎力」を身に付けておくことが欠かせません。

幼児教育ではこの点がおろそかにされてしまうことがありますが、

すぐに効果が見えることばかりを重視してしまい、

基礎がしっかり身についていないままだと力は安定せず、

長い目でみるとあまり効果がありません。

 

様々な能力においての基礎力を養うためには、

小学校入学までに様々な体験や経験をしておくことが大切です。

また、活動量とコミュニケーション量は比例します。

体を動かす量を増やすことはコミュニケーション量を

増やすことにつながり、脳への刺激を増やしてくれます。

 

子ども達がより多くの体験や経験ができるようにするには、

まずは動ける体を作ることが必要なので、

幼児期からの運動あそびで子ども達の基礎力を育てていきましょう。

 

今日は、こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムから

「新幹線片足クマ」をご紹介します。

 

片足クマは、四つんばいから膝とお尻を上げたクマさんの

姿勢から片方の足を上に上げて、両手と片足の3本足で歩く動きです。

この片足クマ歩きがスムーズにできるようになったら、

新幹線のように速く進んでみてください。

 

両手はしっかりパーに開いてつくこと、顔を前に向けること、

足は高く上げること、上げた足はまっすぐ伸ばすことが

片足クマのポイントですが、ここに速く進むという要素も

加わると全てを意識して行なうのは難しくなります。

 

最初はゆっくりで良いので、どれか1つのポイントに絞って

上達を目指してみてください。

そして、ある程度のスピードでも進めるようになってくると

全身の連動性や身体コントロール力が身についてきているので、

どんどんレベルアップしていくことができますよ。