小さい頃からの遊びで基本的な感覚を身に付けておくことが大切です。

運動が苦手な子ども達の多くは、体の基本的な感覚が身について

いないことがあります。

例えば、赤ちゃんの頃から逆さまになった感覚がなければ

逆さ感覚が身についていないので、保育園や幼稚園に入ってから

マット運動や鉄棒遊びをしようとしても、怖くてできません。

無理にやらせようとすれば鉄棒の上で手を離してしまい、

落下してしまうこともあります。

 

逆さ感覚を身につけるのは、特別な運動や道具が必要になる

わけではありません。

親子遊びとして、抱っこしながら赤ちゃんを逆さまに

倒してみたり、布団の上ででんぐり返しをしたり、

逆さまに持ち上げて遊んでみたりするだけで十分に育ちます。

 

一度恐怖心を持ってしまうとそれを克服するのは大変なので、

小さいうちから遊びの中で経験し、基本的な力を

身に付けておくことがとても大切です。

 

今日は、私達こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムから

「豚の丸焼きじゃんけん」をご紹介します。

 

鉄棒で、2人で顔が向き合うようにして豚の丸焼きをします。

そこから片手を離してじゃんけんをします。

勝ち負けがついたら次のペアと交代します。

 

逆さまの状態では、判断力が低下し冷静に判断をすることが

難しくなります。

その状態でじゃんけんをすることで、状況を判断する力が

養われ、日常生活でも活かすことができるようになります。

また、じゃんけんのタイミングを相手と合わせることで

社会性の発達にもつながります。

 

じゃんけんのタイミングが合わなかったり、

あいこが続いてぶら下がる時間が長くなると力が尽きて

落ちてしまうことがあるので、必ず子どもの手首を持つ補助をし、

必要に応じて子どもの背中の下に膝を立てて入れておく

ようにしてください。